折形礼法【金封 きな粉包】を作る


今日は、折形礼法の金封に日の出を表す金銀の輪結びです。

粉包には紅白の輪結びにしました。

比較的簡単な結び、結び切りですが輪と和の融合が見られ好きな結びの1つです。


時柄の美しい和紙を使用すると、やはり奉書紙よりグンと格調高くなります。


のしと鶴が折られている「厄落としのきな粉包」は前回ご紹介いたしましたので

割愛させて頂きます。



『折形礼法、水引カルチャー倶楽部』では、

折形礼法と水引の飾り結びが同時に学べる講座が特徴で大変好評です。


ポチ袋の小物から、季節の折形礼法、水引で作るアクセサリー、ご祝儀袋やしめ飾りなどご指導いたします。


【M・Rオフィス工房:個人レッスン随時受付中 ruike0820@gmail.com】

■1回の講座以外に、【初級・中級・上級コース】、

講師を目指される【講師養成講座】もございます。

現在、都内や地方から通われている方がいらっしゃいます。


■個人レッスン以外では、浅草橋シモジマワークショップでも開講中です。

・「折形礼法、水引アレンジ講座」 5~6作品作成

・「水引で作るアクセサリー講座」 2点作成


■「じゃらん遊び体験」、「Eパークスクール」でも、申し込みが可能ですが、

直接「折形礼法、水引カルチャー倶楽部」よりお申し込みの場合には、

水引をプレゼントいたします


■12月まで、川崎の「カルッツかわさき」にて、水引講座が開講中です。

講師は私、類家三枝子です。


奥深い日本文化の美しさに触れてみませんか? https://origata-mizuhiki.jp/


■HPやブログ等でアップした水引作品の中で、お気に召した作品などございましたら、1点よりお作り致しますのでお気軽にお問い合わせくださいませ(*^-^*)





0回の閲覧0件のコメント